エルメスの香水「ナイルの庭」って実際どんな香り?【口コミ・レビュー】

こんにちは、管理人のMiicoです。

皆さんは普段、どんな香水を使っていますか?お気に入りの一瓶がある人もいれば、香水はよくわからないから、全く使わないという方もいると思います。

香りの感じ方は人それぞれなので、自分にとっては良い香りでも、他の人からしたら、苦手な香りだったりもするので、香水選びは難しいと、お悩みの方も多いかと思います。

私も昔、香水にハマっていた時期があり、フリマサイトで中古の香水をまとめ買いして、気に入りそうなブランドはあるかと、様々な香りを試してみましたが、お気に入りの一瓶を見つけるのは、結構大変で、「香水って難しい」と頭を抱えていた時期がありました。

今回の記事では、そんな私が、過去に色々、試し買いをした中で出会った、ぴかりと輝く素敵な一瓶、HERMESの「ナイルの庭 」をご紹介しようと思います。

  

エルメスの「ナイルの庭」はどんな香り?

https://a.r10.to/hyFdRY



「ナイルの庭  -UN JARDIN SUR LE NIL-  」はHERMES(エルメス)の「庭園シリーズ」の中で最も人気が高い香水です。香りは、グリーンマンゴー、ロータス、シカモアウッドの香りをベースとした、爽やかでフレッシュなグリーン系の香りです。爽やかさを感じさせる薄緑色のボトルで、みずみずしく、柑橘系のツンとした香りを感じさせつつ、どこか甘さもあるような、落ち着きのある上品な香りです。

ナイル川流域の川面に浮かぶ島の印象から調合された香りであることから「ナイルの庭」という名前がついたのだそう。

【香りの変化】

トップノート:グリーンマンゴー、ロータスフラワー
ミドルノート:アロマティックラッシュ
ラストノート:インセンス、シクラメンウッド

 

「ナイルの庭」をおすすめする理由


「ナイルの庭」の香りが魅力的だと感じる理由をご紹介します。

  
性別問わず好ましく感じられる、爽やかなグリーン系の香り
・TPOをわきまえた香りで、どんな場面や雰囲気にも合わせやすい
・上品さが感じられる品のある香りである


「ナイルの庭」の一番の魅力は「香りが良い」だけでなく、「性別問わず好まれる香り」であることです。もともと、ユニセックスな香水なので、男女兼用で使うことができ、性別問わず好まれやすい香りです。あまり強烈に香る香水ではなく、近づいたら、ほのかに香りが感じらるような、控えめさがあり、なんだかいい香りがするねと、男性からも女性からも好感を持ってもらいやすい香水です。

また、シトラス系に近い甘く爽やかな香りなので、どんな場面にも合わせやすく、香水の香りが場違いになることもありません。品がある香りなので、フォーマルなシーンやビジネスシーンにも合いますし、爽やかな解放感もあるので、少し気楽でカジュアルな休日にも合わせることができる、使い勝手の良い香水です。ずば抜けて個性的な香りではなく、万人にとって受け入れやすい良い香り、という印象です。まだ香水選びに慣れておらず、どんな香りの香水を買おうか迷ってしまうという方や、香水選びで失敗したくない方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

香水は少し値が張るものではありますが、お気に入りの1本があると気分も高揚します。個人的には、幅広い年代の方におすすめできる、素敵な香りだと思いますが、とはいっても、本当にいい香りなのかは、使ってみなければわからないですよね。いきなり1瓶購入に踏み切るのに抵抗感があるのなら、1.5mlのお試しボトルも販売されているので、そちらで試してみてから、購入に踏み切っても良いかもしれません。










その他の香水の批評も知りたい方は

また、「ナイルの庭」以外の香水の批評も知りたい方には、こちらの本がおすすめです。世界香水ガイド3★1208 」



「匂いの帝王」という異名をもつ、嗅覚研究家の「ルカ・トゥリン」による香水のレビュー本です。歴代のブランドの名香は大体網羅している、いわば「香水のガイド本」的存在です。香水の香りを星1から星5の5段階に分けて、辛口レビューしてくれています。

この本の何が面白いかといえば、香りの表現がウィットに飛んでおり、表現豊かなだけでなく、忖度なしの辛口レビューが盛りだくさんあるという点です。読んでいて、かなりけちょんけちょんに評価されており、思わず笑ってしまうレビューの香水も。 星5の香水も星1の香水も、一体どんな香りなんだろうと、気になっってしまいます。



★★★★★ 最高の夜を過ごしたずっとあとも その服から匂い立つような、心に刻まれる香りの記憶

★★★★  凛とした冬の並木道で凍った空気を胸いっぱい吸い込んだ時の感じだ。秀逸。

★★★   最近のニッチなブランドらしい作品だ。50mlで425ポンド

★★    立っていられなくなって嘔吐する姿をセクシーだと思えるなら、ぜひ試してみるといい

★     あまりにもひどくて、試香紙をテーブルに置いておくのも耐え切れずトイレに流してしまった



ウィットに富む辛口表現が面白い本です。辛口でも香水への愛情に富んだ、情熱のこもった1冊なので、気になった方は、是非こちらの本も手に取っていただければと思います。




世界香水ガイド3★1208 「匂いの帝王」が五つ星で評価する [ ルカ・トゥリン ]









【他ジャンルおすすめ記事】


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事