パン作りする人必見!ズレない、ベタづかないパンこね台「まーぶるめん台」の口コミ・レビュー

「まーぶるめん台」で楽々パン作り♪

こんにちは、管理人のMiicoです。皆さん普段パン作りをしますか?

コロナで自粛生活が始まったのを皮切りに、パン作りに挑戦し始めたという方も少なくないかもしれません。今回はパン生地をこねるのがとっても楽になる、とっておきの「パンこね台」があるのでご紹介したいと思います。

いつもお世話になっている、お菓子作りの先生から教えていただた、プロも愛用するこだわりのアイテムです。パン作りをよくするが、パン生地がこね台にくっついてしまって苦労していたり、手早くこねれず苦戦しているという方には、知っていただきたい一品です。



パンが楽にこねれる!「まーぶるめん台」

https://a.r10.to/hw1Nr4



「まーぶるめん台」人工大理石でできた、パン生地や麺生地、パイ、クッキーなどの生地のこね台として使う「作業台」です。パン作りをする人たちの間では、「まーぶるめん台」を使うと、パン生地がこね台にくっつきにくく、作業が進めやすいということで好評です。

写真のように、台の角は丸くカットされており、万が一、角でぶつけてしまっても、痛くないように設計されています。台のサイズは以下の通り、こちらはRサイズの台です。


https://a.r10.to/hw1Nr4




サイズはS、M、R、Lの4種類ありますが、Rサイズでも、しっかり力を入れてこねれるだけの、結構広いスペースを確保することができます。

台が非常にずっしりとしており、裏面には滑り止めもついているため、生地をこねていても、こね台がずれにくく、一台あると、サクサクパン作りの作業が進みます。パン生地は、しっかり打ち粉をしなければ、上手く練れなかったり、することも多いですが、「まーぶるめん台」を使えば、パン生地がこね台とくっつきにくいため、無理なく快適にパンを作ることができるようになります。

また、こね台に生地がくっつかないので、使い終わった台を洗う作業も楽ちんです。

さらに、人工大理石でつくられているため、通常の大理石のこね台よりもお値段がやすく、Rサイズでも大体4,000円前後の価格帯で購入することができます。





「まーぶるめん台」のメリットとデメリットは??




メリット

  • こね台に生地がくっつきにくく、パンを練りやすい
  • 裏面に滑り止めがついているため、こね台がこねている途中でずれない
  • パン以外にもピザ、パイ生地、麺生地をこねるのにも使える
  • 人工大理石なので、通常の大理石のこね台よりも安い価格で買える


デメリット

  • どのサイズを選ぶかにもよるが、やや重みがある



それなりにしっかりした重みのこね台なので、少し重たいというデメリットもありますが、一台あれば、パン作りを快適にサクサクと進めることができるアイテムなので、是非パン作りにこだわっているという方には持っていただきたいアイテムです。パン生地が台にくっついてしまって、思い通りの形に生地を整えるのが難しいという方や、パンを頻繁に焼くという方は、是非チェックしてみてください。





まーぶるめん台 Rサイズ








【他ジャンルおすすめ】












人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事